キルタン・クリヤ(KIRTAN KRIYA)

ムードラ(手指のしぐさ)

指と指を合わせる毎に自分の“エゴ”が各ムードラの意識的効果・意味に入り込む。

サイン 名称 効果・意味
人差し指 木星 Gyan(ギアン) 叡智のため
中指 土星 Shuni(シュニ) 忍耐力のため
薬指 太陽 Surya(スリア) エネルギーのため
小指 水星 Bhudi(ブディ) コミュニケーションのため

 

マントラ

1. SA(サ)/ 無限
・親指と人差し指を合わせる

2. TA(タ)/ 生命
・親指と中指を合わせる

 

3. NA(ナ)/ 死

親指と薬指を合わせる

 

4. MA(マ)/再生

親指と小指を合わせる

 

Sample Content

Sample Content

 

ヨーガ・つぼ・経路

ヨーガは指圧とほぼ同じ方法で経路とつぼを刺激します。

キルタン・クリヤーで指先を押し合わせると、脳にエネルギーを流す助けとなるつぼを刺激します。

この活性化が潜在意識の心を明瞭にし、脳の上方のチャクラ群へのカギを開きます。

助ける為に一生懸命で忙しく、疲れ切ってしまっておられるかたもいるかもしれませんが、まず、あなた自身もご自分の体を大切にし、健康を維持し、十分に睡眠を取ることが大切だという事を忘れないで下さい。

 

呼吸と動き

  1. 背骨をまっすぐにしてあぐらで座り、両手を伸ばして両ひざの上に置く。
  2. 両手のひらを上に向けてギアン ムードラ(人差し指の先を親指の先において輪っか)を作る。
  3. 目を閉じて、第3の目(眉毛と眉毛の間辺り)に集中。
  4. マントラ “サ-、タ-、ナ-、マ-” を大きな声で3分→ささやき声で3分→沈黙して6分→ ささやき声で3分→大きな声で3分、唱えながら同時に上記の1.2.3.4の順に指先をずっと動かしていきます。それぞれの指先は、脳の特定の部位に対応しています。 脳の機能を活性化するよう強い圧力を加えます。
  5. 18分間唱えたら、鼻から深く息を吸って両腕をまっすぐ頭上にあげ、両手の先をしっかり振ります。そして、リラックスします。

 

精神集中

背筋を伸ばして座り、第3の目に集中する。
一つずつの音がLの字を描くように、頭頂のクラウン・センターから入り、第3の目から出ていくのを感じます。
例えば、“SA”という時に、”S”を頭頂から取り入れ、“A”を頭の中からL字を描きながら、第3の目を通って外へ出す。
このエネルギーの流れは、松果体と下垂体を結ぶ、ゴールデン・コードと呼ばれる経路にそっています。

 

キルタンとは…

Sat Nam(サット ナム)を一音ずつ分けるとSa(サ)・Ta(タ)・Na(ナ)・Ma(マ)という音になります。
この音の力はSat Namという音から生じる、核分裂の際の強い力に例えられます。
サタナマ瞑想は、キルタン・クリヤーとも呼ばれる、SaTaNaMaの音を使った瞑想です。キルタンとは、「聖なる歌」という意味で、マントラをモノトーンで「歌う」ように唱えます。
キルタン・クリヤーはクンダリーニ・ヨーガの基本の一つで、潜在意識の「ごみ」を掃除します。
起床時や寝る前にぴったりです。

関連記事

Mail magazine

[:ja]アーカイブ[:]

ページ上部へ戻る